自宅でデータベースを利用する

現在、コロナ対策の一環で、自宅からでもデータベースが利用可能になっています。

■自宅から利用可能なデータベース

データベース名 内 容 利用期間 利用数
聞 蔵Ⅱ 朝日新聞DB 2021年3月末 2
ヨミダス歴史館 読売新聞DB 12月末 50
日経テレコン 日本経済新聞DB 当面の間
MagazinePlus 雑誌記事検索DB 12月末 1
TKCローライブラリー 法律情報DB 2021年3月末 1
D1-Law 法律情報DB 申請日のみ 3
日経BP記事検索サービス 雑誌記事DB 当面の間
企業情報データベースeol 有価証券報告書DB 2021年3月末 1
ジャパンナレッジLib 辞書・辞典DB 12月末 2
Maruzen eBook Library 電子書籍 2021年3月 1

■申込方法

 ①自分の大学メールアドレスから申込メールを送信します。

  ※このサービスは帝塚山大学所属者にのみ利用可能なサービスのため

   大学メールアドレス以外からの申し込みは受付できません。


   大学メールはこちら⇒  帝塚山大学 情報教育研究センター


 ②メールには、以下を記入してください。

  件名:「データベースの学外利用申込」

  本文:「学籍番号」

     「名前」

     「希望するデータベース名」


 ③図書館から各データベースのログイン方法をお知らせします。

  ※返信メールが届くまでに、数日かかる場合もあります。


メール送付先

  東生駒図書館:tosho(※)jimu.tezukayama-u.ac.jp

  学園前図書館:gtosho(※)jimu.tezukayama-u.ac.jp

  ※を@に変更して、送信してください